読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろうずニッキ

行ったライブの備忘録や日々の雑記などを書きます

【ライブレポ】2016/07/18 Rose Fes@東京キネマ倶楽部・ダンスホール新世紀

ライブレポ 音楽

KAMIJO大先生の生誕祭としてキネマ倶楽部とダンスホール新世紀の2フロアで行われたRose Fes。13時~22時と死ぬほど長丁場。
フェスとだけ聞くとどうしても山の麓の野外で焼きそばを食べるリア充的なイメージを持ってしまう古い人間のぼくですがこちらは屋内。フェスと言えども屋内で開催されるのがこちらのジャンルのいいところ!昨日のライブに引続き三十路の身体に鞭打って参加してきました。

入場は押してましたが、確かスタートは定刻よりちょっと遅れたくらいだったような?
時間が来て客電が落ちると、KAMIJOさんによる開催のアナウンスが。
「今日はこの日のために素敵なバンドさんがたくさんいらしてくださっています。長丁場になりますが、皆さん楽しんでいってくださいね。」的な事を仰っていた気がします。

f:id:kurouzux:20160730164254j:plain:w300

YUKI&DAISHIダンス披露

キネマでの一発目、KASSTRICK BACTERIA(上手ギターの女の子がかわいかった)と時雨さんのバンドRHEDORICを堪能した後は新世紀へ移動。
まだ始まってなくて、バンドさんがムーディーな演奏をされていました。さっきまでのキネマフロアと一転して大人な雰囲気。
ちなみにダンスホールで体育座りをして観覧するスタイル。立ちっぱなしで早くもガタが来はじめてたのでありがたかった。
素敵な声の男性司会者が「それでは、どうぞ!」と言うと、奥からスーツに身を包んだお二人が!すげぇぞ!どこからどうみてもホスト!フロアからは黄色い歓声!
新世紀の講師の女性と華麗に(?)社交ダンスを踊っておられました。イケメン二人でまさに目の保養。どういった経緯でこの二人がダンスをするに至ったのかはわかりませんが、彼らが普段見せているものと全く違った形での表現ということで、思い切ったいい企画でしたね。

DEATH METERU

TERUさんのセッションバンド。ボーカルはCHISEIくん!
後でツイートしてくださってますが、全曲Slipknotだったようです。
残念ながら曲はあまり存じ上げず・・・どれも同じに聴こえてしまった。
でもめちゃくちゃかっこよかったので今度実家帰ったときにでもCD持ってこようと思います。(何故か親が買ったやつがある)
前日のFC限定ライブの時、CHISEIさんはKAMIJOさんに煽りで散々プレッシャーをかけられていてどうなることかと思ってましたけど、汗だくでデスボシャウトするCHISEIさんとガツガツヘドバンしまくるTERUさんの熱気に自然と煽られ、フロアも大盛り上がりでした。
KAMIJOさんも、「皆、明日よろしくね」って言ってたしね!


ここで、KAMIJO PARADEがまさかの中止というアナウンスが!アナウンスしてた人がなんかすごく頼りなくて、ほんまかいな?って感じでした。
予定ではスタートはキネマ倶楽部から…ということだったからか、この辺りから徐々に時間が押し始めてたような気がします。

MACHI&Kayaダンス披露

先ほどのキネマフロアの男臭いザ・デスメタル!な雰囲気とは一転、新世紀は相変わらずムーディでアダルト。
わくわくしながら体育座りしていると、颯爽と美人2人が登場。
MACHI様は赤いドレス(確か)Kaya様は白いドレス。白いKaya様も素敵だったー。
お二人とも、新世紀の講師の男性と華麗に社交ダンスを・・・あれ?お二人男性だよね?ってなるくらい優雅で美しかったです。
途中、Kaya様がドレスの裾を踏んじゃってバランスを崩したりなんてこともありましたが、動じずに美しく立て直しておられました。
Kaya様、物腰もほんと女性なんだよなぁ。手の先まで優雅。不思議だよね。
体育座りで目の前の美しい光景に見とれていたぼくは物凄く間抜け面だっただろうな。

Kaya

新世紀の間切りがステージ⇒ダンスエリア⇒体育座りゾーンとなっており、体育座りゾーンからステージはちょっと離れていたんですね。ダンス終了後、Kaya様がステージに現れた瞬間、皆一斉にダッシュ!結果、自分至上最至近距離でKaya様を拝める事が出来ました。ありがたや。
「歌謡ショー」ということで、Kaya様のソロ曲はもちろんですが、歌謡曲カバーとして、中森明菜さんの「TATOO」「少女A」、松任谷裕美さんの「真夏の夜の夢」を歌ってくださいました。
真夏の夜の夢・・・カラオケとかだと絶対にモノマネしちゃうアレですね。鼻の穴片方指で塞いで歌っちゃうアレです。
オリジナルの印象があまりにも強い曲でも、違和感無く自分ものになってしまうのはやはりプロの成せる技量なのでしょうか。
途中MCで、Kaya様が中森明菜さんの事に触れていらっしゃいました。
明菜ちゃん、だいすき♪って笑顔で話すKaya様、美しかったです。
Kaya様の口調が誰かに似てるなーってずっと思ってのですが、明菜ちゃんだったんですね!ようやく納得!


Kaya様を堪能した後は、ようやくビュッフェスペースへ移動。
というか、ビュッフェチケットを持っている人がこの日会場で初めて食べ物にありつけるのが16時~っていう鬼のようなタイムスケジュールでした・・・。
朝からトースト一枚で過ごしていたし、ドリンクも飲んでなかったしでまもなく干からびるところでした。
ビュッフェという名目だったと思うんだけど、食べ物は普通に一人分が出てくるスタイルでした。あれれ??
でもお食事普通においしかったですよ!

KAMIJO

新世紀のステージにて、ついにKAMIJO歌謡ショーです!もう時間も夕方になっていましたが、ここでようやく本日の主役が登場!待ってたよ!
待ち時間、同行のM様が「ここでやるなら冬東京だよね~」なんていう事を仰っており、「間違いない!」っていう会話をしていたのですけど、まじで夏東京(冬東京)を歌ってくださいました!
そしてMoulin Rouge!まさに歌謡ショー!
パーカッションのいる生バンドによるMoulin Rougeは普段のライブとはまた違って大人な感じ。
2曲歌ったところで歌謡ショータイム終了。うーん物足りない!もっと聴きたかった!


KAMIJOさんの後、タイムスケジュール上は「一体何をするんだろう?」とずっと謎だった髭男爵
Louisのイントロが流れて、まさか・・・と思ったら、ステージ上手のサブステージ?的なところから髭男爵のお二人が登場!同時に、Louisのイントロも間抜けな音に転調してフェイドアウト。
・・・ですが、実は登場の場所を樋口くんが間違えてそのまま出てきちゃったみたいで、いったんはけてもう一度ステージ上手からもう一度登場しました。
「正直、なんで呼ばれたんだかわかんない」っていう山田ルイさんですが、見てるこっちもよくわからないです。(ほんとはルイとか貴族とか繋がりです)

その後、KAMIJOさんが再度ステージに登場し、髭男爵さんと3人の絡みが。
髭男爵さん曰く、撮影OK、Youtubeにアップして全世界にたくさん拡散してね!とのことだったので、KAMIJOさんが登場した瞬間即座にカメラを構える子羊さん達。
プロの芸人さんと(お笑いの)素人の絡みが本当におもしろくて、終始爆笑でした。
最後はルネッサーンス!で締め。

KAMIJOダンス披露

髭男爵&KAMIJOのお笑いトリオがはけた後は、それまでお客さんがスタンディングで観覧していた場所がダンスエリアになるので急いで後ろへ下がり、ダンス観覧スタイル(体育座り)に。
そして来た・・・ついに来た!
YUKIさんDAISHIさんと同じく普通に社交ダンスをするのかと思いきや、まさかの女性二人を侍らせてKAMIJOさんが登場!BGMは何故か「君をのせて(天空の城ラピュタ)」のインストバージョン。
女性一人一人と踊るのではなく、女性二人をKAMIJOさんが時には立って時には座って指揮?をして躍らせる?スタイルでした。これはダンスなのか??
次回もまたダンス披露の機会があったら、今度はガチの社交ダンスを見たいなと思いました。
可能であればMACHI様かKaya様と!絶対絵になると思うんだけどな~。

薔薇の末裔(Versailles

新世紀からキネマへ移動~。
キネマのタイムテーブルが押しまくって更に転換も時間がかかっており、ここからだんだん疲れがMAXになり始め、本当に記憶が曖昧・・・。

01 The Red Carpet Day
02 Zombie
03 Aristcrat's Symphony

しょっぱなからレッカペ!
前日のFCライブの時、KAMIJOさんが簡易逆ダイ禁止令を下したため、レッカペの例のアレのところはどうすればいいかわからず・・・とりあえず飛んでみたり、たまにこっそり簡易逆ダイしてみたりと試行錯誤してみました。Versaillesならやってもいいのかな?
続いてZombie。T6月のプレミアショウケースに続いてまたも聴けるとは!そしてラストはアリストで締め。
途中のMCでKAMIJOさんが「あっためてる時間はないぞー」的な事を仰っておりサクサク終わりましたが、セトリを見ればわかるとおりクサいところを突いてくる選曲で終わってみれば汗だくでした。
やっぱり、VresaillesのKAMIJOさん好きだな~。ソロともLAREINEとも違って威圧感があるというか、また別のオーラがある。Versailles自体メンバー個々のオーラが強いし、お互いに共鳴しあっているんでしょうか。
うん、なんか前にも書いたような気がするのでここで割愛。


VersaillesからPrincess&Queenへの転換中、下手サブステージにテツandトモが。本物だ~!
ここでまた、KAMIJOさんが登場。プロの芸人さんと(お笑いの)素人の絡み再びです。
テツトモさんのなんでだろうをKAMIJOさんとコラボしたり、
それぞれのなんでだろうに対し、全てマジレスで返す(でも照れながら)KAMIJOさん!かわいいぞ!

・KAMIJOさんはヴァンパイアなのに実は血が嫌いなのってなんでだろう?
⇒子供の時によく鼻血を出していたからです。

・今日はKAMIJOさんの生誕祭だけど本当の誕生日は実は明日なのってなんでだろう?
⇒(今日は)祝日だから・・・皆来てくれると思って・・・

・KAMIJOさんはヴァンパイアなのにニンニクが平気なのってなんでだろう?
⇒あ、でもね、最近は大丈夫なんですよ。
(どんな答えだったかちゃんと覚えてないです・・・)

・KAMIJOさんはワインに氷を入れるのなんでだろう?
⇒薄まるから・・・

足りなかったり順番が前後していたり回答が若干違ったりするかもしれませんが、大体こんな感じでした。

先ほどの髭男爵もそうでしたけど、やっぱりプロの芸人さんは登場の時点から喋りも動きもキレキレで、瞬間的に観客を自分たちの世界に引き込むのが上手いですね。
今回のテツトモさんも、終始笑いっぱなしでした!長い長い転換があっという間だった!不思議!

Princess&Queen

本日出演バンドからの女形メンバーでのセッションバンド!

Vo.Kaya
Gt.HIZAKI
Ba.EMIRU
Dr.MACHI

Kaya様は先ほどの新世紀の白いドレスから一転、黒いドレスに。そしてHIZAKIさんはソロプロジェクトのアー写の白いドレス。EMIRUたんMACHI様は昨年のグランドフィナーレで着ていたLAREINEのものでした。

01 au revoir(MALICE MIZER
02 fiancailles(LAREINE
03 Shout & Bites(Versailles

女形セッションバンドということで、耽美をテーマに選曲されたとのこと。
au revoirのイントロの時点で絶頂を迎えましたよね。手扇子が自然と90年代仕様になっちゃいますね。
そしてfiancailles!LAREINEといえばKAMIJOさんの「はふ~ん♪」な歌声ですが、Kaya様みたいな芯のある声で歌うLAREINEもまたイメージががらっと変わって聴いていて気持ちよかったです。
3曲目はまさかのVersailles!HIZAKIさんはさておき、EMIRUさんMACHI様がVersaillesを演奏してるなんてまさにセッションならでは。
去年の埼玉での再会からこんな素敵な光景を見られる日が来るとは。縁って不思議なものだなー。

Fuler(LAREINE

01 emeraude~海に魅せられて~
02 Fleur
03 再会の花

去年新横浜でのFCライブの時に演奏したエメラルドをしょっぱなから持ってきた!夏ですしね。自分はLAREINE時代のライブでは見たことがなかったので、解散後にまたオリジナルメンバーでの演奏を見られて幸せでした。
そしてFleur!ずっとまた聴きたかったんだけど、去年のライブではやらなかったので今回聴けてうれしい。
そして再会の花で締め。やっぱりLAREINEライブのラストはこれだよね。
途中のMCで、LAREINEはいったんここで区切りを付けて、またちゃんとした形で皆の前に出てこられたらいいなと思います的な事を仰っていたような?記憶が曖昧で申し訳ない・・・
LAREINEのときのKAMIJOさんて、心から大切にしているもの(人)を愛でるような感じでメンバー一人一人を見ているよね。彼にとってのLAREINEは本当に宝物のようなものなんだろうな。


LAREINEの後、スクリーンに次回のもしクワの告知動画が流れました。次回のもしクワ(KAMIJOさんの提案によりMOSHIJOになったw)は、HEARTをコラボするとのことです!今回は行けたらいいなぁ。
告知終了後、髭男爵テツandトモが登場し、KAMIJOバースデーセレモニーがスタート。
出演者ほぼ全員がステージ上に集結。これは濃い!衣装の身幅があるから人数以上にステージ上が混み合ってるwハッピーバースデーの歌とケーキでお祝いしました。
関係ないけどこのタイミングで初めてCROSS VEINのJULIA嬢を生で見たのですが、超ほっそくて美人で感動しました!色々あったのかもしれないけど、今が可愛ければそれでいいと思うんですよね。

KAMIJO&Be Choir

本日のラスト!
去年のキネマで開催されたもしクワは残念ながら参加を見送っていたので、生で見られて嬉しい。
前回のもしクワと同様、「Symphony Of the Vampire」をビークワイアさんのコーラスとともに歌ってくださいました。
ビークワイアさんが前回の時のものをアップした動画をYOUTUBEで見ましたが、録音環境があまりよくなかったのかコーラスの一部分だけが凄く目立ってしまっていたり、バンドの立位置によるもののせいかばらけているような音だったりで「これは・・・?」っていう感じだったのですが、今回は各部隊がぎゅぎゅっと集まっていて、より演奏・歌・コーラスが一体となってバシバシ届いてくる感じ。そして同期ではない生のコーラスによる迫力はまさに圧巻でした。


ということで、終わってみれば22時半で長丁場な一日でした。もう満身創痍以外のなにものでもない・・・。だけど、こうしてたくさんのバンドやKAMIJOさんのことを大好きな方達と一緒にお祝いをすることが出来て幸せでした。
次のライブはいよいよVersailles@舞浜になります!楽しみ過ぎて何か出る!!!